合宿免許で車種を変更する

合宿免許では、あらかじめ卒業までのすべてのカリキュラムがタイトに設定されており、それとともに、ドライビングスクール周辺の旅館やホテルへの宿泊の予約なども、すべて申し込みの時点で完了されています。合宿免許のカリキュラムにもいくつかの種類がありますが、普通車の免許を取得したいのであれば、マニュアル車とオートマチック車のどちらかから選択をするのが基本です。



この選択についても、合宿免許を申し込んだ時点で、本人が行わなければならず、原則として途中での変更は認められないものと考えたほうがよいでしょう。



しかし、場合によっては、マニュアル車からオートマチック車への変更が認められる可能性もあります。

特に、これまでマニュアル車の学科教習や技能教習を受けていたものの、予定どおりカリキュラムを消化することができずに、卒業が遅れてしまうおそれが生じた場合が典型的なケースです。
この場合、一刻も早く、ドライビングスクールへ相談をして、車種の変更が可能かどうかを確認すべきでしょう。

もしもカリキュラムの比較的初期の段階であれば、変更が認められることがあります。



一般的な傾向として、クラッチ操作などをともなうマニュアル車よりも、オートマチック車のほうが、技能教習の課程は簡単なケースが多くみられます。
そのため、卒業までの日数についても短縮することができ、遅れていた日数分を、途中からでも挽回をすることができるチャンスが得られます。