合宿免許の入校から卒業そして免許取得まで

普段の生活で車をよく使用する地域の方にとっては、運転免許は必要不可欠なものです。

しかし、忙しい日々の中で学業や仕事の合間を探して自動車学校に通うのは大変な事です。



そこで、まとまった時間を確保できるのであれば合宿免許を利用して、短期間で効率よく免許の取得を目指すのも一つの方法です。



合宿免許で入校から卒業までの流れは、入校当日に手続きと適性検査(視力と聴覚)を行い、その後に先行学科をし運転の基礎知識を学びます。



次の日より第一段階の教習のスタートで、1週間程をかけて学科9時限と技能教習をATで12時限、MTで15時限行います。

技能教習は一1日2時限を限度とされています。

決められた内容を消化できれば仮免許を取得する為の技能試験と学科試験を受け、合格すれば仮免許を受け取る事ができます。第二段階では、路上教習を行う事ができ学科で16時限と技能路上教習でAT車・MT車ともに19時限の教習を行います。
技能教習は1日3時限までとし全ての課程を修了し適性と認められると、卒業検定試験を受ける事ができます。

合格すれば卒業証明書が発行され合宿免許が終了となります。


卒業証明書が手元にあってもまだ運転免許を手にした訳ではありません。
実際に運転免許を発行する運転免許試験所にて、学科試験を受けて合格する必要があります。
この際、卒業証明書があれば技能試験は免除です。

注意して欲しいのが卒業証明書の有効期間は1年間で、過ぎてしまうと自動車学校に再度通う事になります。