合宿免許と現地調達について

合宿免許は、ドライビングスクールの近くにあるホテルなどに宿泊をしながら、定められたカリキュラムを進めて、卒業までの時間を、できるだけ節約するプランということができます。

そのため、一般的には、卒業までの期間内のさまざまな生活にかかわる準備が、あらかじめされていることが多いものです。たとえば、現地で生活をするにあたって、着替えの用意はしなければなりませんが、あまりにも多くの枚数を自宅から合宿免許のために持参すると、それだけで荷物の持ち運びが大変です。



そこで、現地のホテル内か、その周辺にコインランドリーが設置されていることがほとんどです。

無料で利用できる場合もありますが、コインランドリー代金として、若干の金銭は持ち歩いていたほうがよいでしょう。



また、朝食、昼食、夕食についても、食事付きプランを選択しておけば、決まった時間に用意されるため、特に本人が手間をかけることはありません。

プランによっては、朝食だけは近くの喫茶店やレストランの無料券が配布され、そこに出向く必要がある場合もあります。

注意したいのは、食事なしのプランで、ホテルではなく、ウィークリーマンションに宿泊するタイプの合宿免許です。

この場合は、自炊をしなければなりませんが、現地の近くにスーパーマーケットがあれば、そこで買い出しをし、もしもなければ、レストランや喫茶店を見つけて、そこで食事をすることになります。



そのためにも、やはり若干の金銭は必要になります。