合宿免許で宿泊をする場所

合宿免許のプランは、文字通り、卒業までの期間を大人数での合宿によって過ごすことが特徴となっています。


これによって、わざわざ合宿免許の会場になっているドライビングスクールまで毎日出向く時間が短縮でき、日々の技能教習や学科教習を効率的に履修することができるようになります。

この場合、合宿免許で実際に宿泊をする場所は、一般的にはドライビングスクールが経営している合宿所、寄宿舎のようなところですが、それ以外になる場合があります。



合宿所がない場合には、ドライビングスクールの近くにあるビジネスホテルや旅館の貸し切りで対応することが普通です。
ほかには、ウィークリーマンションを貸し切ることもありますが、この場合は大部屋ではなく、個室があてがわれるため、プライバシーを気にする人は、かえってウィークリーマンションタイプの合宿免許に申し込みをしたほうが快適に過ごせるケースもあります。



また、ドライビングスクールのある場所が、全国的にも有名な観光地となっている場合には、観光ホテルや観光旅館が用意されていることもあります。このようなケースでは、合宿免許の一日のカリキュラムが終わって、ホテルや旅館に戻れば、あとは自由行動が許されますので、観光スポットをゆっくりと散策することが可能です。

そのため、運転免許を取得する目的とあわせて、観光旅行も楽しみたい人が、好んでこうしたプランに申し込みをしているケースも多くみられます。