合宿免許における一時帰宅の可能性について

合宿免許において重要なのは、できるだけ時間をかけずに、目指す免許を取得するための学科教習、技能教習などのカリキュラムを消化することです。
そのため、はじめから毎日数時間の学科教習、技能教習を行う時間割が、あらかじめ決められていて、この時間割にしたがっていれば、標準的な卒業日数が約束されています。



このような時間割を実現するために、合宿免許では、ドライビングスクールの近くのホテルや、ドライビングスクール自体が運営している宿舎に泊まり込みとなるため、容易に自宅への帰宅は許されていないのが実態です。
もしも帰宅を許してしまうと、次の日の学科教習や技能教習の時間までにドライビングスクールに戻る保証がありませんので、場合によっては、カリキュラムの進行の遅れにもつながってしまう可能性があるためです。

しかし、合宿免許のプランの一部には、途中での帰宅ができることをはじめから宣伝しているものがあります。



このようなプランでは、合宿免許の期間を前半と後半とに分けて、前半は仮免許の試験まで、後半は仮免許取得以降についてのカリキュラムを実施するようになっています。

この前半と後半の間については、自宅への帰宅が可能となっており、後半の日程についても、いくつかの選択肢のなかから、本人が自由に選択することができます。



アルバイトや学校の試験などのために、外せない用事がある場合には、このような合宿免許のプランを選択しておくのがよいでしょう。